実り

実によって木を知る

ルカ6章

43「悪い実を結ぶ良い木はなく、また、良い実を結ぶ悪い木はない。

44木は、それぞれ、その結ぶ実によって分かる。茨からいちじくは採れないし、野ばらからぶどうは集められない。

45善い人は良いものを入れた心の倉から良いものを出し、悪い人は悪いものを入れた倉から悪いものを出す。人の口は、心からあふれ出ることを語るのである。



これほど科学が進歩した今では、その実さえ

人間によってどうにでもなるのです、イエスさま。

あなたはすでにご存知ですね 何もかも。

エジソン、ノーバート・ウィーナーの時代から すでに人類は黙示録を人間の手で実現できる知識を得てしまった。

もちろんこの研究者 科学者らには、資金を提供するオーナーや銀行が必要だし、全て彼らのものとなる。

その銀行は、どんどん大きくなって、日本の代表は長年、中国系日本人。年金運用を任せていたのだろう。

少女売春組織の富豪の口座を閉じるよう求められた時は、上質な顧客をたくさん紹介してくれるからという重役の一言で、しばらく閉じられることがなかったという。彼らは、それを容認していたということ。

その少年少女らはどこへ消えたのか

ジョン・フォイ・ノルマの時代はさらに、研究・科学の全ての知識・技術は、軍や国家のものとなった。

ノーバート・ウィーナーは、科学者らの倫理に警笛を鳴らした。

そして、そのような科学者は排除された時代。

正しい事を願う者は 足手まといなのだ。

神の領域に 手を出してはいけない と良心に訴える科学者は。

そして 気候を操り 大地を揺るがし、洪水をもたらし、破壊し、火山さえ爆発させる知識まであるという。

多くの人々を殺す、生物を どんなようにもできる人類は その権利、権力を我がものにしようと奪い合う。

頭のおかしい者たち 神を信じない者たち 愛のない者たち 不正を働く者たち 傲慢で支配欲の強い者 全体主義者達 名誉欲の強い者たち 評判が第一の残酷な者たちが 資金と技術を手に入れられる

映像も加工し放題、通信も盗み放題 食糧も自分達の蔵に隠して値をあげる または 不審な火災や爆発 コロナによる労働力不足 流通困難で農地を手放さなくてはならなくなった人々 これらの捜査もされない 聖書に出てくる災害を自分たちで操り 人や金を操る事も可能な 究極のカルトと無神論者の世にあって。

膨大な資金 技術 知識 手下を使い、どんどん 所有権、土地や農地を広げた者たちもいた。

恥ずかしげもなく、

自らが地上の神としてふるまう

世界中をだまし 黙らせ。

世界中をだまし 黙らせ。

世界中をだまし 黙らせ

結束して大きくなり富と財を不正に隠し蓄えて。

またある者たちは、胎児を始末する事を要求し、物事の判断のおぼつかない女の子たちに「胎児を殺す権利を‼︎」カメラの前で大声で泣き叫ばせる。世界中の見せ物にした。

世界に広がる売春組織も 拉致も行方不明も 貧困も 教育もレイプも、何一つ彼らは解決しようともしていないのよ?

あなたがたの味方のふりを装いながら

キリストの洗礼を受けた要人たちまで ご一緒に。

案の定,胎児殺害に長年反対し続けているバチカン カトリック教皇への謀反がはじまった。

公然と反旗を翻した

定期的に起きる ネット広報。

全く逆の広報。

さまざまな秘密結社 悪魔崇拝と、カトリックの教義は全く相入れない、それらに参加したり所属した聖職者、修道者は 大罪の状態にあると公に宣言した直後始まった「カトリックの法皇は秘密結社のメンバーだ」「カトリックの法皇は悪魔崇拝者だ」

洪水のように あっちでもこっちでも。

無神論と反キリストによって、

法皇は悪魔だ キリストの教会は悪だ

嵐のように

あっちでもこっちでも。

広告広報に大金を使える者たち。

根は 大嘘つきで世界規模の人殺し

右の者たちは右の教義を欲し、

左の者たちは左の教義を欲する。

よその者たち 反キリスト 怨みを抱く者 無神論者らが結束し 大勢で石を投げながら免罪符を要求する。

そんな時代

日本で大事に育てられた科学者 研究者なら・・・

人間の分際をわきまえない領域に関しては「それはダメだよ」と 止める者たちが多く現れないだろうか

報道の自由が守られる国なら…

以前はそんな夢も抱いたものの、全く逆の国にされてしまった。

そして貧しい学生や研究者らは、中国に行くという。

最悪の道

拉致もでしょ

20歳前後の子らの行方不明が増加中だそうだ

自民公明政権 そして野党がつくってきた道

あなたが必死で稼いだ金は誰のものになるのか

何のための活動資金になっているのか

どこかの誰かのための賄賂かもしれない

あなたや家族を不幸にするための組織を大きくするための資金になるかもしれない

それでもなお、働き払い続ける義務を課せられ

異国の者たちに馬鹿と言われ続け。

それでも尚、勤勉に働く人々。

報復は神のする事。

暴力や破壊 殺人は 残酷と憎悪の連鎖をうむだけだと 歴史から学んだ人々に倣おう。

神に信頼して アーメン

作成者: sumiremama

2回目のコロナ自粛で生活が一変‼︎ どうしてくれる