自惚れ

ルカによる福音書 18:9-14


(そのとき、)自分は正しい人間だとうぬぼれて、他人を見下している人々に対しても、イエスは次のたとえを話された。

「二人の人が祈るために神殿に上った。一人はファリサイ派の人で、もう一人は徴税人だった。

ファリサイ派の人は立って、心の中でこのように祈った。『神様、わたしはほかの人たちのように、奪い取る者、不正な者、姦通を犯す者でなく、また、この徴税人のような者でもないことを感謝します。

わたしは週に二度断食し、全収入の十分の一を献げています。』

ところが、徴税人は遠くに立って、目を天に上げようともせず、胸を打ちながら言った。

『神様、罪人のわたしを憐れんでください。』

言っておくが、義とされて家に帰ったのは、この人であって、あのファリサイ派の人ではない。

だれでも高ぶる者は低くされ、へりくだる者は高められる




イエスがエルサレムに上る旅の途中での出来事。

ファリサイ派の人に「神の国はいつ来るのですか?」と聞かれ、「神の国は、見える形ではこない。『ここにある』『あそこにある』と言えるものでもない。実に神の国はあなたたちの間にあるのだ」と、お答えになった。

その後弟子たちに、しつこい寡婦と、不正な裁判官の例えを話されたあと、

「神は昼も夜も叫び求める選ばれた人たちを放っておくことはない。」と教えられた。

しかし、人の子が来る時、果たして地上に信仰を見出すだろうか、とおっしゃった。

その後、

「自分は罪人ではない」というファリサイ派の自惚れと、「罪人の私を憐れんでください」という徴税人の例えを話されたのが、この福音。

ファリサイ派は、神秘主義者とも言われ、ハスモン王朝時代に形成されたユダヤ教の派閥。

祭司や上流階級中心のサドカイ派とは、天使や霊、死者の復活、律法の解釈、生活実践などで、対立していたが、双方、民衆に大きな影響力があった。

そして聖パウロはかつてファリサイ派に属していた。イエスに出会う瞬間まで。

戒律を守り、律法を守り、断食もし、全収入の1/10を捧げ、清く正しく生き、あんな罪人でない事を感謝しますと自惚れた人間と、

神殿にあがる事もできず、胸をうち、自分が罪人である事を痛恨し、神に憐れみを叫ぶ人間と、

神はどちらを義とされたか、という教え。

今は、そのどちらでもない者たち、イエスとはなんの関わりもない 神を信じない者たちが世界を覆い、力を奮い、それを誇示している時代。

救い主とは一切、なんの関わりもない者たちが、人類に影響を与え、大勢の人々を動かし、彼らのお望みの世界を構築しようと誘導している時代。

どこへ向かうのか。

憐れみもなく、力を誇示しながら利益のために人々を実験台とし、

隣人を挑発してはいつまでも侵略と殺し合いを繰り返して。

作成者: sumiremama

2回目のコロナ自粛で生活が一変‼︎ どうしてくれる