みなぎる力

マタイによる福音 24:37-44
(そのとき、イエスは弟子たちに言われた。)

「人の子が来るのは、ノアの時と同じだからである。洪水になる前は、ノアが箱舟に入るその日まで、人々は食べたり飲んだり、めとったり嫁いだりしていた。そして、洪水が襲って来て一人残らずさらうまで、何も気がつかなかった。

人の子が来る場合も、このようである。

そのとき、畑に二人の男がいれば、一人は連れて行かれ、もう一人は残される。

二人の女が臼をひいていれば、一人は連れて行かれ、もう一人は残される。

だから、目を覚ましていなさい。

いつの日、自分の主が帰って来られるのか、あなたがたには分からないからである。

このことをわきまえていなさい。

家の主人は、泥棒が夜のいつごろやって来るかを知っていたら、目を覚ましていて、みすみす自分の家に押し入らせはしないだろう。だから、あなたがたも用意していなさい。

人の子は思いがけない時に来るからである。」




「家の主人は、泥棒が夜のいつ頃やって来るかを知っていたら、目を覚ましていて、みすみす自分の家に押し入らせはしないだろう」

岸田総理大臣、そして議員の皆さんはよろしく頼みますよ?

そして教会は、神さまが守って下さいます。

主の光の中

イザヤ書 2:1-5
アモツの子イザヤが、ユダとエルサレムについて幻に見たこと。

終わりの日に主の神殿の山は、山々の頭として堅く立ち、どの峰よりも高くそびえる。


国々はこぞって大河のようにそこに向かい、多くの民が来て言う。


「主の山に登り、ヤコブの神の家に行こう。主はわたしたちに道を示される。わたしたちはその道を歩もう」と。


主の教えはシオンから、御言葉はエルサレムから出る。主は国々の争いを裁き、多くの民を戒められる。


彼らは剣を打ち直して鋤とし、槍を打ち直して鎌とする。


国は国に向かって剣を上げず、もはや戦うことを学ばない。

ヤコブの家よ、主の光の中を歩もう。




人々はどこに向かうのか

ウクライナとロシアの戦争が始まる前、ウクライナの人々は普通に生活していた。

商店で買い物をし、子どもたちははしゃいで遊び、

「ここでは、ウクライナ人もロシア人も一緒に働き 普通に生活している。戦争なんてあってはいけない」

インタビューで、女性が話していた。

どこにでもある 日常の風景。

今や破壊されつくした。

地上の人々は、道を示すものさえ 奪われて