まずは、

安息日に水腫の人をいやす

1安息日のことだった。イエスは食事のためにファリサイ派のある議員の家にお入りになったが、人々はイエスの様子をうかがっていた。

2そのとき、イエスの前に水腫を患っている人がいた。 3そこで、イエスは律法の専門家たちやファリサイ派の人々に言われた。

「安息日に病気を治すことは律法で許されているか、いないか。」

4彼らは黙っていた。

すると、イエスは病人の手を取り、病気をいやしてお帰しになった。 5そして、言われた。

「あなたたちの中に、自分の息子か牛が井戸に落ちたら、安息日だからといって、すぐに引き上げてやらない者がいるだろうか。」

6彼らは、これに対して答えることができなかった。

客と招待する者への教訓

7イエスは、招待を受けた客が上席を選ぶ様子に気づいて、彼らにたとえを話された。

8「婚宴に招待されたら、上席に着いてはならない。あなたよりも身分の高い人が招かれており、 9あなたやその人を招いた人が来て、『この方に席を譲ってください』と言うかもしれない。そのとき、あなたは恥をかいて末席に着くことになる。

10招待を受けたら、むしろ末席に行って座りなさい。そうすると、あなたを招いた人が来て、『さあ、もっと上席に進んでください』と言うだろう。そのときは、同席の人みんなの前で面目を施すことになる。

11だれでも高ぶる者は低くされ、へりくだる者は高められる。」

12また、イエスは招いてくれた人にも言われた。「昼食や夕食の会を催すときには、友人も、兄弟も、親類も、近所の金持ちも呼んではならない。その人たちも、あなたを招いてお返しをするかも知れないからである。

13宴会を催すときには、むしろ、貧しい人、体の不自由な人、足の不自由な人、目の見えない人を招きなさい。 14そうすれば、その人たちはお返しができないから、あなたは幸いだ。正しい者たちが復活するとき、あなたは報われる。」




この日、ファリサイ派の議員がイエスを家に招いた。議員の家での食事。

それはそれは、律法の学者など、そうそうたる顔ぶれだった事でしょう。

しかしそこには、水腫を患っている客人もいた。

その人の顔色だろうか、呼吸だろうか、浮腫みだろうか、とにかくイエスは その人が水腫を患っているのを見た。

おそらくその人は、呼吸もぜいぜい、普段の生活も疲れやすく、何かと不便で辛い思いをしていたであろう。長年、治る見込みもなくあきらめていたかもしれない。

ユダヤ教には厳格な掟がある。安息日(週の7日目 多分金曜日夜中〜土曜夜中)は、どのような労働・作業もしてはいけない。

ここに来たはじめから 他の来客たちは噂のイエスに興味深々 好奇の目で見ていた。

イエスの前にたまたま、水腫を患った客人が座っていたので、ほどなくイエスは、他の客人たちにたずねる。

安息日に人を救けるのは、

神が人を愛するがために与えた掟を

破る事になるのか。

あなたの大切な子や、

労働力でも財産でもある牛が井戸に落ちたら、あなたはすぐに、必死で救けないだろうか、と。

➖罰せられるのが怖いから救けません➖

➖決まりなので救けません➖

➖共同体の掟の方が大事なので救けません➖

イエスがこの日、病人を癒した行為、

これは、ユダヤ社会に対する挑戦とも取られかねない、じつはとても危険な事だった。

2022年現在も、「安息日はいかなる労働も休む」

厳格なユダヤ教徒はこれを守り続けている。

上手に工夫しながら。

本来、働きすぎる、働かせすぎる者たちに「掟」を与える事で 強制的にそれを防ぎ 人を休ませてやるために神がお与えになったもの。

➖穴に落ちた瀕死の者を救けなくていい➖

➖目の前に苦しむ者を救けなくていい➖

という口実のために神が与えたのではない。

何を第一とするか

何を神の愛ととらえるか

転回とは、それらが180度変わる事を意味する

父と子と聖霊の御名によりて アーメン